ホーム > 福祉のしごと > 離職した介護人材の再就職準備金貸付制度

離職した介護人材の再就職準備金貸付制度

最終更新日:2018/05/21

 介護人材の確保ならびに定着を支援することを目的とし、介護職員等として再就職する際に必要な費用を貸し付けます。その再就職日から引き続き2年間(在職期間通算730日以上かつ業務従事期間360日以上)、県内で介護職員等の業務に従事することで、返還が免除となります。

※募集要項を確認のうえ、必要書類を添付して、お申込みください。
※平成30年5月21日に募集要項及び借入申込書の内容を一部変更しました。

離職した介護人材の再就職準備金貸付制度 募集要項

離職した介護人材の再就職準備金利用計画書兼岡山県介護福祉士修学資金等借入申込書 ※両面印刷してください。

返還免除対象業務等従事証明書

雇用(内定・決定)証明書 

個人情報の取扱いについて ※両面印刷してください。

定員状況
まだ定員に余裕があります。

※定員情報については、本ページにて随時お知らせいたします。
※申込の際には、必ず本ページにて定員状況をご確認ください。定員に達した場合、それ以降の申込みを受け付けることはできません。受付終了後に送付いただいた申込書等は、返送させていただきます。

離職した介護人材の再就職準備金 様式集

下記のページから、貸付決定後に必要な様式をダウンロードすることができます。

介護福祉士修学資金等貸付制度 様式集

介護職員等の業務について

 返還の免除を受けるためには、介護職員等の業務に従事する必要があります。

 介護職員等とは、「居宅サービス等(介護保険法(平成9年法律第123号)第23条に規定する居宅サービス等をいう。)を提供する事業所若しくは施設又は第一号訪問事業(同法第115条の45第1項第1号イに規定する第一号訪問事業をいう。)若しくは第一号通所事業(同号ロに規定する第一号通所事業をいう。)を実施する事業所において介護職員その他主たる業務が介護等(社会福祉士及び介護福祉士法第2条第2項に規定する介護等をいう。)の業務である者」のことです。

 なお、従事する業務が介護職員等の業務に該当するかについては、業務内容の法律等における位置づけによって判断することになるため、まずは従事する施設等にご確認ください。

お問い合わせ先

岡山県社会福祉協議会 福祉支援部 生活支援班(貸付事業)

岡山市北区南方2丁目13-1 きらめきプラザ3階

TEL.086-226-3544 FAX.086-225-6602