ホーム > 県社協からのご案内 > 行楽期の交通事故防止について

行楽期の交通事故防止について

最終更新日:2018/09/19

行楽期の交通事故防止について

秋の行楽シーズンは、多くの方が行楽地へのドライブやレジャーにより、長時間の自動車運転をする機会が増えるのではないでしょうか。長時間の運転や渋滞疲れのため、居眠りなどを原因とする交通事故の多発も懸念されますので、次のことに注意しましょう。

 

【注意事項】

 1.無理のない計画を立てる。

 2.シートベルト・チャイルドシートを忘れずに

 3.夕暮れ時は危険な時間帯

 4.スピードの出しすぎは危険

 5.歩行者、自転車は自分の存在をアピール

 6.合図の徹底、信号の厳守

 7.飲酒運転根絶

 8.「ゆずる・とまる・まもる」で交通事故防止

 

【実施期間】  平成30年10月1日(月)~11月30日(金)

【提唱機関】  岡山県交通安全対策協議会

お問い合わせ先

岡山県社会福祉協議会 総務企画部

岡山市北区南方2丁目13-1 きらめきプラザ3階

TEL.086-226-2822 FAX.086-227-3566

社会福祉法人
岡山県社会福祉協議会
〒700-0807
岡山県岡山市北区南方
2-13-1 きらめきプラザ内
TEL:(086)226-2822[代]
FAX:(086)227-3566
月~金曜日 8:30~17:15 (土日・祝祭日・年末年始は閉所)
周辺地図
お問い合わせ
Facebook