ホーム > 県社協からのご案内 > 行楽期の交通事故防止について

行楽期の交通事故防止について

最終更新日:2017/10/04

 今年も秋の行楽シーズンが近づいてきました。山々が色づき、食べ物も美味しい季節です。また、スポーツの秋ということで、いろいろな大会やイベントに車で出かける方も多いのではないでしょうか。そんな中、ちょっとした油断や不注意で、交通事故を起こさないよう、次のことに注意しましょう。

 

1 無理のない計画を立て、事前に交通状況を調べておきましょう。

 

2 シートベルト・チャイルドシートを忘れずに着用しましょう。

 

3 夕暮れどきはとても危険な時間帯ですので、早めにライトを点灯しましょう。

 

4 スピードの出しすぎに注意し、安全な速度で運転しましょう。

 

5 夕方・夜間の歩行者、自転車は自分の存在をアピールするため、自転車のライトは早めに点灯し、歩行者は夜行反射材等を身につけ外出しましょう。

 

6 事故防止の基本は「安全運転」です。交通ルールやマナーを守りましょう。

 

7 合図の徹底と、信号を厳守しましょう。

 

8 飲酒運転をしない、させない、許さないようにしましょう。

 

実施期間:平成29年10月1日~11月30日

社会福祉法人
岡山県社会福祉協議会
〒700-0807
岡山県岡山市北区南方
2-13-1 きらめきプラザ内
TEL:(086)226-2822[代]
FAX:(086)227-3566
月~金曜日 8:30~17:15 (土日・祝祭日・年末年始は閉所)
周辺地図
お問い合わせ
Facebook